【グラフィックデザイン】印刷会社別!入稿データを準備するときの注意点をまとめてみた!〜グラフィック版〜

入稿データ準備する前に…

グラフィックデザインは、webと違って入稿データの用意が必要になりますよね。

しかも依頼する印刷会社によって用意するものが違ったりするので、その都度確認が必要です。

今回は印刷会社「グラフィック」の入稿データの準備や保存方法をまとめてみました。

(私はIllustratorを使ってデータを作成するので、そちらがメインの内容となっています。)

データの保存方法

バージョン必ず作成したバージョンを選んでください。
下位のバージョンで保存されると、そのバージョンにない機能が失われ、データに不具合が生じることがあります。
フォント100%
オプション●PDF互換ファイルを作成:任意
チェックを入れるとファイル容量が大きくなりますが、PDFに対応したソフトで、データを確認することができます。InDesignに配置されるときは必須です。

●配置した画像を含む:オフ
リンクで配置した画像があるときに選択できます。
チェックを入れるとファイル容量が大きくなります。
InDesignにIllustratorデータをリンクするときはチェックを入れてください。

ICCプロファイルを埋め込む:オフ

●圧縮を使用:任意
チェックを入れると保存時間が遅くなりますが、データを劣化させずに容量を小さくできます。


↓詳細はこちらの公式サイトへ

Check6:保存(Illustrator - 必須チェックポイント) - ネット印刷は【印刷通販@グラフィック】
印刷に対応したファイル形式で保存してください。また保存後はデータが破損していないか、最終のレイアウトで保存されているか、データを開いてご確認ください。必須チェックポイント Check6:保存についてご案内します。ネットで24時間プリント注文・入稿受付【印刷の通販グラフィック】


入稿データの準備

①デザインデータを用意。(入稿前にソフト別のチェック項目も確認する。)


②スクリーンショットを作成する。(スタッフの方がデータチェックする際の体裁の確認用)

Macでスクリーンショットをとる方法
https://www.graphic.jp/data_guide/data_submission/screenshot#mac

Windowsでスクリーンショットをとる方法
https://www.graphic.jp/data_guide/data_submission/screenshot#win


まとめ

今回は印刷会社「グラフィック」に入稿データの保存方法や準備事項についてまとめてみました!

複数の印刷会社に依頼をしていると、ふとデータを用意している際に「どちらの印刷会社のルールだったっけ?」と不安になることが多々^^;

とはいえ覚えているからとちゃんとまとめてきませんでしたが、今回まとめてみて自分の頭の中が整理されたのでよかったです〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました