【サイト制作に役立つ】既存サイトを改善しよう!改善ポイントと分析ツールのご紹介

改善ポイント①サイトの表示速度

皆さんもサイトを開いた時に読み込みに時間がかかってイライラしたり、

諦めて他のサイトを見に行ってしまう場面はありませんか?

「サイトの読み込みにかかる時間」は直接「直帰率」に繋がるため、

見逃すことのできない、重要な部分です。

原因の多くには「画像が重い」「webフォントの読み込む」「アニメーションが多い」などが考えられます。

既存サイトを見直し、少しでも表示時間を早めましょう。

改善ポイント②内容の見やすさと充実

多くのユーザーは何らかの情報を求め、あなたのサイトを訪れているはずです。

しかし、サイトが見にくかったり、情報量が少なすぎると、

ユーザーは不満を感じたり、分かりやすい別のサイトへ移ってしまいます。

サイトを作る時は必ず「ユーザー目線」を取り入れ、

どんな情報が必要か、何に疑問を持ちやすいのかを先読みすることが大切になります。

改善ポイント③SEO対策

今よりももっと多くのユーザーにサイトを訪れてもらいたい…という時は

現状のSEO対策がしっかりと行われているか確認しましょう。

さらにSEO対策について知りたい方はこちらをご参考ください↓↓↓

SEOとは? 押さえておくべき24のSEO対策方法とポイント
Web担当者が押さえておくべきGoogleの考え方と、検索上位表示のために必要な24のSEO対策方法を詳しく紹介。キーワード選定と検索クエリの考え方、検索エンジンに正しく評価される内部対策、インデックス最適化、クローラビリティについて解説

サイト分析ツール

こちらはGoogleの「lighthouse」という無料ツールです。

下記URLのchromeウェブストアより機能の追加が可能です。

サイト全体のパフォーマンスや、SEOについても分析してくれるので便利ですよ!

Lighthouse
Lighthouse

まとめ

今回は既存サイトの改善ポイントや、

サイトを分析をしてくれる無料ツールをご紹介いたしました。

「既存サイトをもっと良くしたいけど、何をどうしたらいいのか分からない…」

という方はご紹介したポイントを含め、改善点を洗い出していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました