【デザイナー必見】デザイン作業に大活躍!PDFデータを簡単にアウトライン化する方法をご紹介

デザイン制作に役立つプチ情報

こんな「困った」はありませんか?

デザインを制作する際に、PDFデータを活用する場面ってありますよね。

しかし、いざIllustratorに取り込んで見ると、

「環境にないフォントがあります」

という表示が出て、PDFデータの一部または全部のテキストのフォントが変わってしまった…

そんな時皆さんはどのように対処していますか?

フォントの数が少ない&無料フォントであれば、ダウンロードも可能ですが、

数が多かったり、中には有料フォントがあったりしたら、大変ですよね。

SETP1「Adobe AcrobatでPDFデータを開く」

ご紹介する方法では、「Adobe Acrobat」を使用しますので、

まだパソコンに入っていない方はダウンロードから始めてください。

①Adobe Acrobatの「ツール」をクリック

②ツールの中にある「印刷工程」をクリック

③「ファイルを選択」からPDFデータを読み込む

SETP2「フォントをアウトラインに変換する」

STEP1でPDFデータを読み込むことができたら、

早速PDFデータのアウトライン化に進んでいきます。

①PDFデータが表示されている画面のまま、右側のサブメニューの「プリフライト」をクリック

②「フォントをアウトラインに変換」を選択

③右下の「解析してフィックスアップ」をクリック

あとは、保存先と保存名を指定して、保存するだけでOKです!

Adobe Acrobatで編集したPDFデータをイラレで開くと、

しっかりとアウトライン化&パス化されていますので、ご確認ください。

まとめ

とても簡単な手順で、PDFデータをアウトライン化することが出来ました!

Adobe AcrobatはPDFデータの編集に特化していますので、

この方法を知らなかった方、Adobe Acrobatをダウンロードしていない方は、

今からでも作業に取り入れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました