【デザイン制作に役立つ】文字入力で活躍!Illustratorでテキストエリアを作成する方法

Illustratorを上達させよう

テキストエリアとは?

皆さんは、Illustratorを操作していて、

「テキストの幅を固定できたら…」と思ったことはありませんか?

そんな時に役立つのが「テキストエリア」です。

テキストのエリア(縦横の幅)を指定することで、

途中に文章を増やす時も、決められたエリアの中で自動的に改行をしてたり

エリアから文字がはみ出すことがないので、周辺の余白を崩すことがありません!

簡単!テキストエリアを作る方法

まずはいつも文字を入力する時と同じように、「文字ツール」を選択します!

選択後、左クリックをドラッグさせながら、ご希望のエリアを引いてください。

これだけでテキストエリアが作れます!

パレット上ですぐに左クリックを押してしまうと

「ポイント文字(通常の文字入力)」になってしまい、エリアの指定はできませんので、ご注意ください。

ですが、万が一ポイント文字になってしまっても、

そのテキストを選択したまま「書式」→「エリア内文字に切り換え」を押していただくと、簡単に変更できますのでご心配なく!

簡単!エリアの幅を変更する方法

テキストエリアを作ったのはいいけど、幅を変更したい…

そんな時は、まずそのテキストを選択しましょう。

選択された状態になりましたら、エリアの縦や横をドラックするだけで変更できます。

「他のデザインとの兼ね合いで幅を変更したい」

「テキストの量が増える・減るから幅を変更したい」など

変更が簡単なため、様々なシーンに簡単に対応することができます!

まとめ

今回は、テキストエリアの作り方をご紹介させていただきました!

前から存在は知っていたけど、作り方が分からないという方もいらっしゃると思います。

とても便利な機能なので、これを機に方法を覚えて実践していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました