【デザイン制作に役立つ】Illustratorで画像をベクター化させる方法を調べてみた!

画像が荒くて困る…

画像を拡大して使いたいけど、もともと画質が悪いから拡大するとより粗さが目立ってしまい困ることってありますよね。

一番いいのはベクター画像としてのデータがあれば最高なんですが、毎回そうともいきませせん…涙

そんな時になにかいい方法がないかな…と思い、調べてみました!

画像をベクター化させよう!

ベクター化させるとこんなメリットが!

  • 色を変更できる!
  • 画像を拡大しても荒くならない!

STEP①画像トレースを選択

Illustratorで画像を開いたら、画像を選択した状態のままメニューバーにある「画像トレース」をクリック。

すると、さっきまでなかった背景が白になります。

STEP②「拡張」をクリック

「拡張」ボタンが現れるのでクリック。

クリックすると画像の輪郭に青いラインが現れます。

これで輪郭にそってパスが書かれた状態になります!

STEP③白背景を消そう

あとは白背景部分を自動選択ツールで選択し、削除するだけです!

これでベクター画像が完成!

まとめ

今回はIllustratorを使って画像をベクター化する方法を調べてみました!

すべての案件でキレイな画像やベクター画像が揃っているかというと、そうではありませんよね(^_^;)

その都度画質が良ければな〜なんて思ってしまいますが…

でも自分でベクター画像を作ることができるのであれば、それだけでデザインの見栄えがだいぶ変わりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました