【デザイン制作に役立つ】Illustratorのパネルの表示方法が変わってしまった時の対処法

パネルの表示が変わった

Illustratorの右端にある「パネル」が、普段は項目が横3つにタブで並んで表示されていたのに

突然縦3つに並んで、クリックしないと内容が見えないようになってしまいました…

使い慣れていた表示方法が変わると、作業でも一度手が止まってしまいます(^_^;)

困っていたので、解決方法を調べてみました。

パネルの表示方法

横3列(タブ)

タブを切り替えると、各パネルの詳細が下に表示される仕組み。


縦3列

各パネルの項目をクリックすると、左横にパネルの詳細が表示される仕組み。


パネルの表示方法を戻すには

パネルの右上にある矢印マーク「»」をクリックしましょう!

ここを押すと、パネルの表示の仕方を横並び・縦並びで好きなようにカスタマイズできます。

めちゃくちゃ身近で簡単な解決方法でした(^_^;)

大体こういう場合は、まず直したい部分の近くにあるボタンを押して試してみると

案外簡単に直ったりしますので、オススメです!

まとめ

今回はIllustratorのパネルの表示設定を調整する方法を調べてみました!

Illustratorの表示が変わってしまった時って、大体気づかないうちにどこか押してしまっていますよね(^_^;)

ただ、意図的な行動じゃない分、どこを押してしまったのか分からずパニックに(笑)

今回のように解決方法は意外と身近で簡単なことが多いので、一度覚えて次からはすんなり解決できるようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました