【デザイン制作に役立つ】Photoshopで暗くて見えづらい画像を調整する方法を調べてみた!

逆光を調整するとこんなに変わる!

実際に少し影が入った画像をPhotoshopで調整してみました。

見比べると改めて「こんなに暗かったんだ(^_^;)」と実感しますよね。

これだと画像の見え方でユーザーに与える印象もだいぶ変わってきますよね。



暗くなっている部分を調整する方法

まずは画像を用意してPhotoshopを開きましょう。

STEP01:「シャドウ・ハイライト」を選択

画像を選択した状態で、メニューバーの[イメージ]→[色調補正]→[シャドウ・ハイライト]を選択。


STEP02:シャドウを調整して影を薄くする

「シャドウ・ハイライト」を選択すると、専用のウィンドウが表示されます。

シャドウとハイライトの量をそれぞれ調整ができるので、「シャドウ」のみ増やします。

数値を直接入力することもできますが、つまみを動かしながら調整すると丁度いい加減を見つけやすいですね。


STEP03:もっと細かい調整をしたいなら

「シャドウ・ハイライト」のウィンドウの左下に「詳細オプションを表示」というチェック項目がありますので、そこにチェックを入れるとさらに細かい調整が可能です。

詳しくはサルワカさんのこちらの記事がとても分かりやすいのでオススメです!


まとめ

今回は影が入ってしまっている画像をPhotoshopで調整する方法を調べてみました!

クライアントからいただいた素材って、「このままでは使いづらい」場合もありますよね。

特に顔写真なんかだと、逆行で影が入っていてさすがにこの状態で「代表あいさつ」の文章の横は添えられません(^_^;)

今回調べた方法を実際に試してみましたが、やはり調整前と比べると全然違うので、画像によって変化が違うかもしれませんが試す価値ありだと思いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました