【デザイン制作に役立つ】webデザイン制作時に気をつけるべき3つの「基礎」ポイント

きちんと整列されているか

文字や画像の整列を行ったはずなのに、よく見たらズレてる?!

皆さんもそんなミスをしたことがあるのではないでしょうか…(´・ω・`)

中央に配置した文字が実はちょっとズレていたり、

複数配置した画像の縦や横の位置が少しずつズレていたり。

しっかり揃っていないとガタガタした印象になり、視覚的に「なんか変」「違和感がある」という感情を与えてしまいます。

サイト全体のバランスが悪くなってしまう原因になります。

ぴったり中心に配置するのは細かな作業ではありますが、しっかりガイド線など活用できるものを活用して、確認しながら作業を行っていきたいですね!

余白は統一されているか

結構見落としがちな余白の統一(^_^;)

余白はサイト全体のバランスを良く見せるためや、ユーザーが見やすい・読みやすいサイトを作るために重要な部分です。

例えば下記画像のように、20pxと30pxで余白を取った場合と

下記画像のように20pxで余白を統一した時とでは全然統一感が違いますよね。

私なんかはwebデザインを始めたばかりの頃、正直そこの余白なんてちゃんと考えたこともなかったです…

なので「とりあえず余白をとればいい」くらいの感じだったんですが、この細かな調整がとても大切なんだな…と痛感しました!


ラッパー幅は統一されているか

ラッパー幅…正直、段落ごとに内容は違うから「それぞれの内容量に合った幅」がベストだと思ってました。

もちろん内容が少ない部分を無理やり広いラッパー幅にあわせると、内容がスカスカで違和感が発生する場合があるのですが、

特に背景色が白のシンプルなサイトのデザインの場合!これは要注意です。

例えば最大のラッパー幅を1250pxにして、それ以外を内容に合わせてバラバラにラッパー幅をとってしまうと、背景色が白な分ガタガタが目立ってしまいます…

最近担当した案件でこのことが身に染みました(´・ω・`)

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はwebデザインを制作する時に気をつけるべき3つのポイントをご紹介しました。

「意識しているつもり」でも実際に見落としていたり、些細なミスに気づきにくかったりする場面ありますよね。

webデザイナーとして経験を重ねる分、初心や基礎を大切にできるようにしていきたいなと実感しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました