【デザイン制作の参考に】Illustratorでストライプのパターンを作る方法をご紹介!

ストライプパターンの作り方

①「2px×12px」「4px×12px」の長方形を2つずつ作り交互に並べて、12px×12pxの正方形を作ります。


②さきほど作った正方形をすべて選択し、「スウォッチ」にドラッグ&ドロップします。

これでパターンが完成しましたので、オブジェクトに適用してみてください!


斜めのストライプを作りたい場合

①オブジェクトに先ほどのストライプを適用します。

②適用したオブジェクトを選択したまま、メニューバーの[オブジェクト]→[回転]を選択。

③回転のウィンドウが表示されますので、角度を「45°」(逆の場合は315°)と入力します。

この時必ずオプションの「オブジェクトの変形」のチェックは外してください!


まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はIllustratorを使ってストライプのパターンを作る方法をご紹介しました!

パターンって無料の素材から入手しがちですが、パスで作ることでデータ容量も少なく済ませることができますので、自分で作るのはオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました