【ライター・デザイナー必見】文章を考える時の4つのポイント

webサイトを制作する時、見出し・本文を考えるだけで時間がかかってしまい

制作自体が進まなくなってしまいますよね。

そんな方のために、少しでも文章を考える時間を減らすためのコツをご紹介します!

クライアントの意図を汲み取ろう

クライアントはサイトを通して何を発信したいのか

それを理解できないと目的から逸れた文章になってしまう可能性があります。

重要なことは分かりやすいようにリスト化し、

文章が思いつかない時・逸れてしまっている時に軌道修正ができるようにしましょう。

情報収集をしよう

文章を考える時、クライアントのことをよく知らないと内容が薄くなりがちです。

必要な情報が得られないのであれば、

ユーザーがわざわざwebサイトを見に来る理由はなくなり、

最悪の場合、他のサイトに流れてしまう原因にもなってしまうのです。

そして最終的にはクライアントの収益に繋がってきます。

専門用語などで文章が考えにくいクライアントであっても、

しっかりと調べて自分が文章を考えやすい状況を作りましょう。

読み手の立場になって考えよう

最終的にあなたが考えた文章を読み、行動に移すのはユーザーです。

必死になって考えたものも、冷静になって読み返してみると意図と反していたり、

ユーザーが理解しにくいものになっているかもしれません。

文章を一通り考えたあとは、一度切り替えて読み手の気持ちになってみましょう。

同業他社のサイトを参考にしよう

見出しや本文の表現に悩んでしまった時は、

同じような会社のサイトを見て、どんな文言を使っているのか参考にしましょう。

一から考えるとなると、どうしてもフレーズが出にくいものです。

何かを参考にすることで、自分の中でいいフレーズが思い浮かぶこともあるので実践しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました