【初心者webデザイナー必見!】ライディングページ(LP)を作るコツ

目的とターゲットを明らかにする

まずLPを作る前に、

このページは何のために制作するのかをしっかりと決めましょう。

存在を知ってもらうため

購入してもらうため

資料請求させるため

などなど様々な目的があるかと思います。

目的により、ページ内の構成なども変わってくる可能性がありますので、

最初に検討すべき項目です。

さらにターゲット層も固めることで、年代性別に合ったデザインを考えやすくなります。

構成を考える

目的やターゲットが決まったら、次は構成です。

構成の流れが悪いと消費者も見る気が失せてしまうので、

スムーズな誘導を意識した構成が大切になってきます。

構成の流れとしては、下記を参考にしましょう。

アイキャッチ画像

共感

解決法

商品・サービス

実績紹介など

CTA(お問合せボタン・資料請求ボタンなど)

LPは作って終わりではない

デザイン完成で満足したいところですが、

LPはwebサイトと同様、作って終わりではありません。

最初に決めた目的を達成してこそなのです。

そのために、制作時から「クリックさせるため」の流れと構成を意識し、

第三者の目を持って取り組みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました