【初心者webデザイナー必見!】粗い写真を綺麗に見せる技

Photoshopで修正しよう!

写真の編集・加工といえばPhotoshopがおすすめです!

まずは、画質を修正したい写真を選択し、

メニューの「フィルター」→「ノイズ」→「ノイズ軽減」を選択します。

ウィンドウが表示されますので、そこで調整を行います。

強さ:軽減するノイズの量です。この数値が大きいほどノイズが除去されます。


ディテールを保持:画像内の細部をどれだけ維持するかの数値です。小さい数値にするほどノイズは少なくなります。


カラーノイズを軽減:色合いに関するノイズ軽減量です。数値が大きいほどノイズは少なくなります。

ディテールをシャープに:数値が大きくなると輪郭が強調されますが、ノイズは多くなります。

【参考サイト】

Photoshopで画像のノイズを除去する方法【初心者向け】
Photoshopで画像の【ノイズを除去する】方法を初心者向けに解説した記事です。Photoshopでは、プレビューを見ながら調整しつつノイズを軽減することができます。この記事を参考に、デジカメなどの写真を補正してみましょう。

写真をぼかしてみよう!

粗さを目立たせない方法の一つとして、

あえて写真を「ぼかす」という手があります。

「ぼかすことで逆に画質が悪くみえるのでは?」と思う方もいらっしゃいますが、

粗さが解消されるので見栄えがよくなるんです!

ぼかす程度は重要ですので、微調整しながらベストなぼかしを決めましょう!

写真に網掛けをして加工しよう!

ぼかすのと似た方法として、写真の上に網掛けをして粗さを目立たなくさせます。

これによって、網掛けが一つのデザインとして認識され、

元の写真の粗さには誰も気にならなくなります。

おしゃれさをアップさせたい時は、こちらの方法をお試しください!

まとめ

webサイトのメインビジュアルの画質が粗いと

作る側は写真選びに困りますし、見る側はいい印象を得られませんよね。

ご紹介した方法は、簡単だけど粗さを上手くごまかせるため

webデザイナーにとっては救世主のようなものですね。

ぜひ、実務に取り入れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました