【新人デザイナー必見】習得しておくと便利なAdobeソフト3つをご紹介!

デザイン制作に役立つプチ情報

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)

webデザインを制作する際に、写真の加工を行う場面は多々ありますよね。

そんな時に大活躍するのが、Photoshopです。

「フォトショ」と略して呼ばれることもある、写真加工に特化したソフトです。

主に下記の作業で使われることがあります。

  • 写真補正・写真加工
  • 切り抜き(パス抜き)
  • 写真のリサイズ
  • Webバナーの作成
  • Webページのデザイン

写真の編集だけでなく、バナーやデザインカンプまで作れので便利です!

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)

webデザインを制作する際に、ロゴ・イラスト・アイコンなどを作る場面は多々ありますよね。

そんな時に大活躍するのが、Illustratorです。

「イラレ」と略して呼ばれることもある、素材制作に特化したソフトです。

主に下記の作業で使われることがあります。

  • イラスト作成
  • ロゴデザイン
  • アイコンデザイン
  • Webパーツ作成

ロゴデザインなどだけでなく、Photoshop同様にデザインカンプまで作れので便利です!

Adobe Dreamweaver(アドビ ドリームウィーバー)

webデザインをコーディングするに大活躍するのが、Dreamweaverです。

もちろん無料でも有能なコーディングソフトも存在するのですが、

中にはDreamweaverを導入しているweb制作会社さんがあるため、

操作を覚えていれば、それだけで即戦力になります。

また、コーディング作業を効率的に行えるようサポートをしてくれるので

コーディング時間の短縮を図ることもできます。

参考サイト

これだけは覚えて欲しいWebデザイナーに必要な3つのソフト
Webデザイナーがよく使うソフト。Web制作に必ず必要なWebデザインソフトは何?ウェブデザイナーに必要なソフトはAdobeソフトPhotoshop、Illustrator、Dreamweaverは必須。Webデザイナーで一番重要なソフトはPhotoshop(フォトショップ)画像作成、写真加工、Webデザインをするのに...

まとめ

Adobeソフトはほとんどが有料ですが、

無料と比べると機能が多かったり、作業効率アップを図ることができます。

また、web制作会社で導入しているところも多いため、

操作を覚えているかどうかだけでも就活で差がつきますので、習得して損はありません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました