【Illustrator】イラレのこんな困ったありませんか?お悩別に解決方法をご紹介

Illustratorを上達させよう

困った①「光彩が適用されない」

文字やオブジェクトに光彩をつけたはずなのに、

何故か光彩の見えない…そんなことはありませんか?

実は、光彩を設定する時に出るウィンドウで簡単に解決できます!

まずはアピアランス→スタイライズ→光彩を開きます。

そうすると、「不透明度」「ぼかし」とともに、「描画モード」という項目が表示されます。

その描画モードを「通常」にするだけで光彩がしっかりと表示されますよ!

困った②「環境にないフォントがある」

イラレを開いたら「環境にないフォントがあります」と表示が出てきた…

この表示が出るのは、開いたイラレファイルで使用されているフォントが

自分のイラレソフトの中に存在していないということです。

同じファントを使用する場合は、

Adobeフォントにあるものは「アクティベート」を押しましょう。

また、それ以外のフォントはダウンロードをすることで解決します!

困った③「フチ付文字がうまく作れない」

webサイト、チラシ、バナーなどで大活躍する「フチ付文字」ですが、

線を太くしようとすると、文字色をつぶしてしまう…そんなお悩みはありませんか?

そんな時は、まずアピアランスを確認してみましょう!

「塗り」「線」「文字」が縦に並んでいるかと思いますが、

フチ付文字を作るためには、必ず一番上に「塗り」その次に「線」を配置しましょう。

逆になっていた場合は、位置を変えるだけでフチ付文字が完成しますよ。

まとめ

イラレで作業を行っていると、様々な場面に遭遇しますよね。

ちゃんと設定しているのに、何故か適用されていない…なんとことも。

しかし、そんな時は適用されていない理由が必ずあるはずですので、

原因をしっかりと理解し、次に役立てましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました