【illustrator】PDFファイルを圧縮する方法

デザインしたものをPDFに落とした時、

めちゃくちゃ容量が重くなってしまったことはありませんか?

でも、安心してください

700MBもあったファイルも1.4MBまで落とすことが可能なんです。

使用する画像を適切なサイズに変更する

イラレで画像を挿入する際、サイズはどうしていますか?

クリッピングマスクを使うことが多いかと思いますが、

表面上はサイズが切り取られているように見えても、画像はちゃんと元のサイズのまま存在しています。

特に画質の高い画像は容量が重くなる原因なので、

適切なサイズが決まったら、サイズ変更をしてから配置するようにしましょう。

画像をラスタライズ化して適切なサイズにする

すでに画像を埋め込んでしまっている場合は、

ラスタライズ化をして容量を落とすことができます。

埋め込んだ画像を選択した状態で→「オブジェクト」→「ラスタライズ」を選択。

カラーモードを「RGB」

解像度を「その他」「350ppi」※カラー印刷の場合

背景を「透明」

オプションの「特色を保持」のチェックを外す

保存時の一工夫で軽くなる

最後は、簡単だけど見落としがちな方法をご紹介します。

まずはPDFとして保存をするため、「別名で保存」を選択。

この画面が出たら要チェックです!

一般の中にあるオプションの一番上の項目「Illustratorの編集機能を保持」

これにチェックが入っているのと入っていないのでは、容量がだいぶ変わってきます!

ここで必ずチェックを外してください。

また、もう一つ確認をしていただきたいのが圧縮の項目です。

ここで圧縮の設定をしましょう。

「ダウンサンプルしない」になっているところを「ダウンサンプル(バイキュービック法)」に変更


解像度を入力

※画面上で観覧する場合は【72dpi】、印刷する場合は【150dpi】です。


圧縮を「自動(JPEG)」

※カラーとグレーくケールに関しては【JPEG】の法が軽く出来ます。

これらの設定をした上でPDFとして保存しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました