【webサイト制作に役立つ】HTMLの書き方を復習しよう

コーディングを思い出そう

デザインをメインでやっていたのでHTMLやCSSに触れる機会が減ってしまいました。

それに、最近デザインを作っていて思うのが「先(コーディング)を考えたデザイン」がなかなかできていないことです。

コーディングのことを考えているつもりでも、結局はちゃんと理解できていないため「考えたつもりのデザイン」になってしまいます。

ここから脱却するためにも、少しずつコーディングを思い出していきたいと思います。

まずは初歩から

ということで、初歩の初歩、HTMLの構造からおさらいです!

webサイトは「HTML」という土台の中にコードを書いて作っていきます。

HTMLタグがないと始まりませんが、逆にそれだけで完成するはなく、以下の主要タグが重要になります。

  • HTMLタグ
  • headタグ
  • titleタグ
  • bodyタグ



久しぶりにコードを書いてみよう

コードってどんな順番でどんな内容を書いていたのか…まずはそこから思い出していこう!

ということで、基本的な部分しか書きませんが感覚を取り戻したいと思います。

<!DOCTYPE html>・・・「!」と「ドックタイプ」の特徴が強く印象的でしたね

<html>・・・htmlから始まります

<head>・・・まずはheadがきますよね

<meta charset=”UTF-8″>・・・metaタグ。ここで文字コードの指定してましたね。

<title>ここにタイトルが入ります。</title>・・・ここに大切なサイト名が入りますね

</head>

<body>・・・最初はheadとbodyすら覚えるのに苦戦してました

</body>

</html>

まとめ

今回は久しぶりにHTMLの書き方について復習をスタートしました!

単純に「コーディングができるようになりたい」という気持ちと「コーディングを見据えたデザインができるようになりたい」という両方があります。

いずれにしてもコーディングを知っていて損はないので、少しずつでも思い出していきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました