【webデザイナー必見】「ちょい足し」が仕事に繋がる!デザイン力を高めるオフの過ごし方をご紹介!


広告やパッケージのデザインを気にする

普段当たり前のようにコンビニやスーパーで買っているあのお菓子…

いつも通勤途中にあるけど意識して見たことがなかったあの広告…

私たちの生活の中には気にしていないだけで様々なデザインがあります。

でもいつも当たり前にあるものってどうしても意識が向きにくいんですよね(^_^;)

そういえば、私も飲食物のパッケージや街中にある広告は

webデザイナーになってから気にして見るようになったな…とふと気づきました。

よくよく見ると「このデザイン凝ってる!」など新たな発見があり面白いですよ。

webサイトをより意識して見る

皆さんはオフの日何をして過ごしていますか?

私なんかはどうしてもネットサーフィンしたり、You Tube見たり…が多くなってしまうんですが

「webデザイナー目線」で物事を見ていないときって、サイトも当たり前のようにスクロールしちゃいませんか?

結局は自分が調べたいものに集中しちゃってるので、「ただのサイト」として扱ってしまいがちです。

しかし、そこに「webデザイナー目線」を追加するだけで、

ただのネットサーフィンが新たなデザインとの出会いに変わります。

「こんな見出しがあるんだ!」「こんなレイアウトいいなぁ…」など

そのサイトの一つ一つに目を留める意識をつけましょう!

「ユーザー目線」を考える

例えば自分が客としてお店に入った時、

「ここが分かりにくいな…」

「もっとこうしたら改善されるのに!」と思う場面ってありませんか?

気づきにくいかもしれませんが、実はそれがユーザー目線です。

webサイトはユーザーに情報を伝える役割があり、それを上手に伝えるのはwebデザイナーのしごとです。

相手の気持ちを考えられないと、一方通行なサイトが出来上がってしまいます。

普段から「相手の立場になって物事を考える」ことを意識してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はデザイン力に繋がる「webデザイナー」のオフの過ごし方をご紹介しました!

普段の生活に「ちょい足し」するだけで、見え方や考え方が変わり、仕事にも良い影響を与えてくれます!

スキルアップに行き詰まってしまった方や、新たな心がけを始めたい方、ぜひご参考ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました