【webデザイナー必見】デザイン制作に役立つ!Illustratorの画像の埋め込み・リンク機能をご紹介

デザイン制作に役立つプチ情報

画像の埋め込みとは?

画像をIllustratorファイルに埋め込むことで、Illustratorと一体化させる機能です。

【メリット】

Illustrator内に画像があるため、そもそも画像のリンク切れの心配がなくなる。

【デメリット】

①画像を埋め込むことでIllustratorのデータ容量が重くなり、作業スピードに影響が出ることも…

②画像の編集をしたい場合は、Photoshopなどで編集をし直し、新たに画像の埋め込みが必要になります。

画像のリンクとは?

配置したい画像を他のソフトで作成し、

Illustrator内には画像の情報を持たせずに配置させる機能です。

【メリット】

①画像の情報を持たせていないため、Illustratorのデータ容量が軽くなります。

②画像の編集をしたい時は、元画像をPhotoshopなどで編集し、リンクを更新させるだけで最新の画像が反映される。

【デメリット】

リンク先の画像のファイル名や、データの保存場所を変更すると、「リンク切れ」になってしまい、画像が表示されなくなってしまう。

リンク切れの対処法

①デザイン入稿時に画像データを入れ忘れてしまった場合

→画像データをIllustratorの入ったフォルダに入れる

②画像のファイル名やフォルダ名を変更してしまった場合

→画像をリンクさせた時と同じファイル名・フォルダ名で保存する

③データ名が文字化けして、リンク切れになってしまった場合

→データ名を半角英数のみにして、文字化けを防ぐ

【参考サイトはこちら】

https://obanprint110.com/blog/guide/embedding-images/

まとめ

画像の埋め込みやリンクって何…?と疑問に思ったことがある方は

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しっかりとメリット・デメリットを知ることで

デザイン作業に役立ちますので、ぜひこれを機に活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました