【新人デザイナー必見】今からでも遅くない!覚えるべきweb制作の専門用語①

web制作の専門用語

WF(ワイヤーフレーム)

webサイトを制作する前に、

どのようなレイアウトにするかを定める「設計図」のことを指します。

デザインに入る前にしっかりとワイヤーフレームを作成することで、

必要なものと不要なものの炙り出しができ、その後の作業が行いやすくなります。

ファーストビュー

webサイトを表示した際に、スクロールせずに一番最初に表示される部分を指します。

ユーザーの直帰率(すぐページを離れる)が決まると言われているほど、

webサイトで重要な役割を担っています。

そのため、ユーザーにとっていかに分かりやすい作りで、

いかに魅力的なキャッチコピーや画像なのかが決め手となります。

グローバルナビゲーション

「ナビゲーション」と聞くと、車のナビなどを思いかべる方がいるかと思います。

用途としてはそれらと同じでサイト内の「どこになにがあるか」を

ユーザーに分かりやすく伝える役割を持っています。

グローバルナビゲーションが分かりやすいと、

ユーザーが「自分にとって必要な情報」に飛びやすく、直帰率軽減にも繋がります。

メインビジュアル(キービジュアル)

メインビジュアルは、ファーストビューの中で一番領域を占める画像を指します。

ユーザーの目に必ず入るため、

そのサイトのイメージやコンセプトに直結するような画像選びが重要となります。

また、画像にキャッチコピーを添える場合は

端的且つキャッチーな言葉選びでユーザーに分かりやすく情報を伝える心掛けが必要です。

まとめ

web業界にいながらも、

聞き覚えはあるが意味が分からない専門用語はありませんか?

社内でのやり取りをスムーズに行うためにも、

早期に専門用語を覚えておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました