【webデザイン】【グラフィックデザイン】フォントの角をなくしたいときのテクニック

フォントに少し丸みをもたせたい・・・

よく、ヒラギノ角ゴシックをデザインで使うことが多いんですが、

デザインのテイストによっては「なんかちょっと角ばって見えるかも…」という場面があるんですよね。

とはいえ丸文字にしてしまうのはちょっと違うし、角ゴシックのまま、もう少し丸みがほしい!

そう思って何か方法がないか調べてみました〜!

文字に丸みをもたせる方法

調べてみると「パスのオフセット」を使って文字に丸みをもたせることができるようです。

いくつか記事を見てみましたが、どの記事でも「文字をとかす」という表現を使っていました。

「角を丸くする」ではなく「角を丸くとかす」という言葉が業界では使われるようですね。

またひとつ勉強になりました〜!

手順

①まずは対象の文字を用意します。

文字を選んだまま、[アピアランス]→[パス]→[パスのオフセット]を選択


③「オフセット」の数値を「-0.4」、「角の形状」を「ラウンド」に変更


④同じように再度[パスのオフセット]を使い、「オフセット」の数値を「0.4」に。


比較

上が調整前の文字、下が調整後の文字です。

角をよ〜く見てみると、少し丸みがくわえられているのが分かります!


まとめ

今回は文字の角に丸みをもたせる方法を調べて、実践してみました!

丸文字にするほどではないけど、少し丸みがほしい!っていうとき、この[パスのオフセット]は重宝しますね!

初めて使ってみたんですが、数値で丸みを簡単に調整できるのもよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました