【webデザインの参考に】もっとおしゃれなデザインにしたい…そんな時に役立つちょい足しポイントをご紹介

①フォントを変えてみる

よく使用するフォントといえば、ゴシックや明朝が多いと思いますが、

サイトのデザインによっては、フォントに物足りなさや、ダサさを感じてしまうこともありますよね。

そんな時は「デザインにあったフォント」を選んでみましょう。

世の中には無料なのに商用が可能なフォントがたくさんありますので、きっとぴったりのフォントが見つかるはずです。

また、ロゴ・見出し・テキストなど、すべての文字に使うとくどくなる…という時は、

ロゴや見出しなどの目立つ文字にだけ別のフォントを使い、本文はゴシック体という使い分けもできるのでオススメです!

FONT FREE

フォントフリー - 無料の日本語フリーフォント投稿サイト
日本語フリーフォント/ダウンロードなら「フォントフリー」。漢字やカタカナ、ひらがなをはじめとした日本語の無料フォントを、明朝やゴシック体、手書きなどのカテゴリーから探すことができます。


②おしゃれなイラストやアイコンを配置する

どこかデザインに物足りなさ、寂しさを感じる…という時は、

おしゃれなイラストやアイコンを配置するとデザインが一気にグレードアップします!

よく見かけるのは、見出しの周辺にイラストを複数配置したり、見出し上部にアイコンを配置しているサイトですね。

文字ばかりでダサくなってしまう時は、文字以外のものでデザインを見やすく・華やかにしてみましょう!

イラストAC

無料イラストなら「イラストAC」
イラストACは、無料イラスト・アート・年賀状・年賀・画像などの素材がフリー。AI・EPS形式の素材も無料でダウンロードOK!商用利用、編集もOK。かわいいフリーイラストも豊富!


③サイトに動きをつける

これはコーディングが完成してからの動きになってしまいますが、

例えばボタンをホバーしたら「→」が動くスクロールすると一部がパララックスになっているなど

見せ方にもこだわることで、洗練されたサイトという印象がアップします。

パララックス事例集

パララックスを活用したサイトの事例集。メリットや注意点も徹底解説!【2021年最新版】|Web幹事
ホームページをリニューアルする際にパララックスを使うメリットや注意点を徹底解説!パララックスを活用したデザインの事例と共に、どのような種類のサイトにパララックスが適しているかをわかりやすく説明しています。


まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はもっとおしゃれなデザインにした…という時に役立つちょい足しポイントをご紹介しました!

デザイン全体を調整となると大掛かりなことですが、一部にちょい足しするだけで

デザインが一気に見違えるのは実践で取り入れやすくていいですよね。

コツを掴んで、もっとおしゃれで洗練されたwebデザインを作っていきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました