【webデザインの参考に】先読み!2021年にくるwebトレンドの予測をご紹介

トレンド①ページスピード重視

皆さんは、webサイトを開いた時に

なかなか読み込んでくれなかったり、スムーズにスクロールができなかったり…という経験はありませんか?

そのような場面に出くわした時、大体の方がサイトを去るのではないでしょうか。

実際に下記のような調査結果があります。

調査によると、インターネットブラウザの半数以上が、ウェブサイトの読み込みが速く、リンクをクリックしてから2秒以内であると想定しています。サイトの読み込みに3秒以上かかる場合は、訪問者がサイトを離れる可能性が高く、またサイトに戻る可能性はほとんどありません。

http://gameraholic.com/

webサイトのパフォーマンスは、企業の収益に直接影響しますので、

今後はさらにスピード重視になってくると予測されています。

トレンド②ECサイト

コロナの影響がきっかけとなり、現在web販売の需要が高まっています。

これまでは大手企業がECサイトを持っていることが多かったのですが、

今後は中小企業や個人の参入も増えていくと予測されています。

詳しくはこちら↓↓↓

2021年に注目のWEBトレンド7選【先取り予測】
今回は2020年下半期〜2021年に流行すると思うWEBのトレンドをいくつか予想します。2020年上半期では社会情勢が大きく変わってきました。政治に関しては私は全く詳しくないが、W...

トレンド③マテリアルデザイン

マテリアルデザインは、2014年にGoogleによって導入されたデザイン言語です。

マテリアルは直訳で「物質的な」「具体的な」という意味で、

ユーザーの操作性を重視して、感覚で理解できることを目的としています。

サイトの見やすさ・分かりやすさは直帰率にも関係するため、

利用者にとってストレスフリーなサイトを提供することが大切です。

2021年では「ユーザー重視」が一層重要性を増すと予測されております。

詳しくはこちら↓↓↓

まとめ

今回は2021年のwebトレンド予測をご紹介いたしました!

参考記事にはご紹介したトレンド予測以外にも掲載されてありますので、

今からトレンドの先読みをして頭に入れておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました