【webデザインの参考に】夏を感じさせるサイトの特徴を調査!

配色は青・水色・黄色が多い

指定されたページが見つかりませんでした。|キリン
指定されたページが見つかりませんでした。

夏っぽいサイトでは、主に「青・水色・黄色」が使われることが多くあります。

特に飲料水や氷菓子などのサイトで見かける配色ですね。

この配色が使われる理由として、ユーザーが「涼しさ」を求めているからです。

その涼しさを視覚的に訴えかけるにはこの3色が有効的です!

画像は空や海を使う

ギリシャヨーグルト パルテノ
ギリシャヨーグルトパルテノ|ギリシャの知恵とやさしさがつまった濃密なヨーグルト「パルテノ」高たんぱく質&クリーミー。ギリシャヨーグルトのパルテノはカラダづくりをおいしくサポートします。

「夏」と言えば、青い空・青い海を頭に浮かべる方が多いのではないでしょうか!

webサイトに夏っぽさを取り入れたい場合は、

画像選びの時にユーザーが夏を連想しやすいかを考えてみましょう。

例えば、同じ空の画像でも空の色で季節感は全く違います。

一部の人がイメージできるものでなく、多数の人が持つイメージを意識する

「〇〇っぽさ」を演出しやすくなります!

透明感を持たせる

【公式】静岡歯科
静岡市葵区の静岡歯科。一般治療・口腔外科・予防歯科、自由診療を行っており、むし歯などの一般的な治療からインプラントまで幅広い治療に対応します。

こちらのサイトさんのファーストビューでは、

淡い色を使用することで、透明感を演出しています。

透明感というのは「涼しさ」に繋がるため、夏の演出に効果的です。

また、キャッチコピーの文字色に青系のグラデーションを使っていたり、

背景に水が流れているような動画を使っていますね。

それぞれの相乗効果で、より夏っぽさが感じられます。

まとめ

季節感をサイトで表現する時、皆さんならどんな方法を使うでしょうか?

「夏をイメージしてデザインしてみたけど、何かが足りない」

そんな時は、今日ご紹介した方法を参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました