【webデザイン制作に役立つ】クリック率・コンバージョン率の高いボタンデザインを作るには?

ポイント①文言を工夫する

例えばユーザーに資料や商品の申し込みを誘導させたいとき、

よくボタンに使われる文言としては「お申し込み」がありますよね。

他には「お申し込みはこちら」「今すぐ申し込む」「ここから申し込む」などさまざまな言い方ができます。

それでも申し込みを悩んでしまう・・・そんなお客さまに対しては「この商品を試してみる」などの言い回しも背中を押しそうですよね。

正直「これくらの言い方の差でユーザーの何が変わるの?」と思っていましたが、

なんとなく「今すぐ」だったり「こちら」という言葉が添えられているだけで、誘導されやすいだと実体験で感じました。

ポイント②色・大きさ・影で印象を与える

ボタンにちょっとした工夫をすることで、存在感UPにつながります。

  • 色→CVボタンの色は、周囲の色と対比する「補色」を選ぶことより目立たせられる
  • 大きさ→周囲にボタンがある場合はCVボタンのサイズを大きくすることで目立たせられる
  • 影→よりボタンの存在感を出したい場合は、ボタンに影をつけることで直感的に認識しやすくなる



ポイント③熟読箇所の直下に配置する

ユーザーが一番よく立ち止まって読んでいる箇所(アテンションヒートマップ)の直下にCVボタンを配置することで、クリック率・コンバーション率UPにつながることがあるようです。

アテンションヒートマップを調べる方法として、無料ツールがありました。

【無料】ヒートマップ解析&UIUX改善ツール (スマホ分析可)- ミエルカヒートマップ
【無料】ヒートマップ分析&UIUX改善で、コンバージョンUP。簡単3分&設定サポート有。サイトのデジタルトランス フォーメーション、CX改善なら。初心者から事業者・代理店まで『スマホ時代に使える』無料のミエルカヒートマップ&コンバージョン改善ツール。コンテンツのABテストも。スクリーンショットで結果を定期保存。


まとめ

今回はボタンのクリック率・コンバーション率を上げるためにできることを調べてみました!

以前までは「ボタンがあれば必要な人は押すであろう」と思っていたふしがありましたが、押させるためには意欲を高まらせるための過程と、ボタンデザインの細かな工夫があってこそなんだと実感しました…!

webはやっていけばいくほど、知れば知るほど奥深いなと感じました。

いずれも「ユーザー目線」でどんなボタンだと押したくなるのかを考えて作っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました