【webデザイン制作に役立つ】LP(ランディングページ)とは?作る時に大切なことは?

LPを作る前に

ランディングページを作る目的をしっかりと頭に入れておきましょう。

一般的にはLPというと広告からの訪問ユーザーに対して、購買や登録などの何かしらの行動を起こしてもらうための1枚もののページという認識が強いです。

ここでお伝えしたい重要なことは「LPとは、サイト訪問者に何かしらのアクションをさせるためのページ」だということです。
さらに言うなら「1枚のページで、訪問者に関心を持たせ、信頼を獲得し、欲求を起こさせ、アクションをさせる」必要があります。

https://web-kanji.com/posts/landing-page-how-to-make


LPを作るときのポイント

キャッチコピーを厳選する

もちろん通常のサイトも同様ですが、よりユーザーのアクションを求めるLPは

人々の心を引きつけるキャッチーなフレーズが重要です。

目的をしっかり決める

「商品購入」「資料請求」「お問い合わせ」「会員を増やす」など、LPを作る目的を決めることで、何をアピールすべきかが明確になります。

共感部

ユーザーの意欲を高めるためには、いきなり商品のPRをするのではなく、共感が得られるような言葉が効果的です。

よくあるのですと、「こんなお悩みありませんか?」というワードを見かけますよね。

ここで一度ユーザーに訴えかけることで、アクションを起こしたいという意欲を高めましょう。



LPについての参考記事

LPを作る時に大切なポイントなどがまとめられた記事やまとめサイトはたくさんあります。

LPを作るのに慣れていない時は、色んな記事を見て参考にしましょう!

ランディングページの作り方、7つの超重要ポイント。| Web集客の開花塾

ランディングページの作り方、7つの超重要ポイント。 | Web集客の開花塾
ランディングページ(LP)の作り方を、超重要ポイント7つに絞って説明します。対象読者は、これからLPを作成する方です。初心者だけでなく、制作会社さんが読んでも役立つでしょう。作り方だけでなく、コンバージョン率をアップさせる点も、詳説したからです。1回読んで分からなければ、繰り返し読んでください。それだけの価値ある内容に...


ランディングページ集めました

ランディングページ集めました。
コンバージョン率の高いランディングページを作る事は、WEBデザイナーの使命。ランディングページを作るWEBデザイナーのためのランディングページリンク集です。


まとめ

今回はLPを作る時のポイントや参考になる記事などをご紹介しました!

なかなかLPデザインをする機会がないと、コツなどが分からず苦戦してしまいます…

まずは「どんな目的でLPを作るのか」から始め、デザインを作っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました