【webデザイン制作に役立つ】Photoshopで写真を昼から夜に変える方法をためしてみた!

昼から夜に変えてみよう

こちらの写真をつかって、昼から夜に雰囲気をいっきに変えてみたいと思います!

レタッチ方法

①写真を配置する

Photoshopで昼と夜の写真を用意します。

レイヤー名は「昼」と「夜空」にしています。

②昼の写真の背景を消す

[クイック選択ツール]で昼の写真の空の部分を選択し、

optionを押しながらレイヤーマスクを選択します。


③明るさを落とす

トーンカーブを使って明るさを落とすことで、昼から夜に近づけていきます。

1つめのトーンカーブは以下のように真ん中を引っ張って「右斜下」方向に動かします。


更に追加でトーンカーブを設定し、描画モードを[カラー]にして、

一番右上にあるポイントをドラッグして、真ん中より少し下くらいまでさげます。


④ベタ塗りで夜の雰囲気をアップ

レイヤーパネルの[ベタ塗り]を選び、描画モードを[乗算]にします。

ベタ塗りレイヤーをクリックして、夜の雰囲気を増す色合いを選択します。

(今回は参考記事をもとに#808eb1にしてみました)


⑤クリッピングマスク

昼の写真にかけたいレイヤーはここでクリッピングマスクを適用させておきます。

(トーンカーブ2つとベタ塗り)

⑥明るい部分はブラシツールで調整

写真のなかでまだ明るい部分があれば、ブラシツールを選択して、「硬さを0%」、「色を黒」にして明るい部分を塗っていきます。

濃さは不透明度で調整可能です。

これで完成です!


まとめ

今回はPhotoshopで昼の写真を夜にレタッチしてみました!

ただトーンを落とすだけでは難しいので、今回のように細かな調整が必要ですね。

とはいえ、作業自体はとても簡単でしたので、「同じ写真で夜パターンもほしい」というときも対応可能ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました