【webデザイン制作の参考に】集客ができるサイトってどんな特徴があるの?

より集客力のあるサイトを目指すには

せっかくサイトを作るのであれば、集客力のあるサイトを作りたいですよね。

ただ、「集客力をあげる」といっても、何をどうしたらよりよくなるのがピンときません。

ということで、集客力のあるサイトの特徴を調べてみました!

どんな特徴があるのか

①目的(ゴール)が明確

集客できているサイトとできていないサイトの違いとして、

「目的(ゴール)が明確になっているか」が大きいようです。

例えば、「人材を募集したい」「商品を宣伝したい」「お問い合わせがほしい」「定期的な情報発信がしたい」など、サイトを作るのあたっての目的を最初に明確にするのが大切なんだそうです。

その目的に沿ったコンテンツづくりや導線づくりをすることで、集客力の向上につながります。

②ターゲット(ペルソナ)設定

目的(ゴール)と同様に、ターゲット(ペルソナ)の設定が重要になってくるようです。

初めに具体的なターゲット像を設定することで、その層の方に向けたコンテンツやデザインを作ることができます。

そうすることで設定したターゲット層に対して確実に訴えかけることができます。

③情報を定期的・継続的に更新している

情報の更新は、ユーザーに企業の最新情報を提供できるだけでなく、活発な事業の動きを印象づけることから「信頼感」へもつながります。

また、SEO対策としても有効で、更新の頻度が高いサイトはネット上の評価が高くなり、検索順位にも影響します。

これにより、着実に集客へとつなげることができるんです。

④テスト・修正・改善の実施

サイトが完成したら終わりではなく、定期的なテスト・修正・改善の繰り返しが大切なんだそうです。

Googleアナリティクスなどアクセス解析を行い、その結果から調査・分析をして、現時点の問題点を洗い出す。

これを繰り返すことで、より使いやすく、より高い集客力を目指すことができます。

まとめ

今回は集客力の高いサイトの特徴を調べてみました!

「集客力を上げるためには何をすべきた」という問題に対して、具体的な策を持っていなかったので、大変勉強になりました。

さらに集客を目指せるようなサイトづくりをしていきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました