【web制作に役立つ】文章を考える時に大切なポイント

分からない言葉はすぐ調べよう

クライアントから「ここの文章はお任せで」と投げられた経験はございませんか?

web制作はデザインやコーディングだけでなく、文章を考えることも重要です。

しかし、経験のない業種からサイト制作の依頼があった場合、

資料を見ても「言葉の意味が分からない」「どこで取り入れよう」など

文章の構成や、取り入れ方に苦戦してしまうはずです。

そんな時は、必ず言葉の意味を調べましょう!

「なんとなく知ってるから・・・」は絶対にダメです。

本当の意味を知ることで文章も作りやすくなりますし、

自分の知識が増えるので一石二鳥ですよ!

言葉の表現を統一しよう

文章を考えていると、多用する言葉が必ず出てきます。

そんな時にページごとで表現が違うのは、読み手に違和感を与えます。

例えば「です・ます」調や「だ・である」調がありますよね。

大体のサイトは「です・ます」調を使っていることが多いと思いますが、

何を使うにしても、サイト全体に統一感を持たせるためにも

同じ表現を使うことをおすすめします。

しかし、あえて両方の表現を使うこともあります。

その場合は、メインの文章は「だ・である」調、最後の文章だけ「です・ます」で締めるなどの決め事を作り、

それを守って文章を作るようにしましょう。

内容が薄いと思わせない文章を考えよう

クライアントからの情報が少ないと、書ける内容も少なくなってしまい

話を広げるのに苦戦してしまいますよね。

しかし、そこで諦めてしまうと「このサイトは内容が薄い」と感じられてしまいます。

そんな時は、読み手のことを考えましょう。

例えば、同じ業種のサイトを見て、どんなことを書いているのか調査します。

もちろん似たようなことを書いていたりするのですが、

逆に自分では気づかなかった部分にスポットを当てていることもあるので

「読み手が求めている情報」を知ることができます。

まとめ

自分の知らない業種について文章を考えるということは大変難しいです。

その上、それぞれの会社様によってカラーが違うため、

表現の仕方の好みも様々ですよね。

今回ご紹介したポイントは、基本中の基本ではありますが、

文章を考える上で非常に大切なポイントでもあります。

悩んでしまった時はぜひ実践してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました