【web制作に役立つ】SEO対策に!タイトルやディスクリプションを書く時のポイントをご紹介!


タイトルタグ(titleタグ)

タイトルタグとは?

タイトル(title)タグは、Webサイトにおけるページタイトルを表す部分です。

サイトに訪れるユーザーや検索エンジンに対してページの内容を表すため、非常に重要な役割を果たすタグです。SEO内部対策において、タイトル(title)タグは最優先チェック項目のひとつでもあります。

https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/14833/#:~:text=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB(title)%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%81%AF%E3%80%81,%E9%A0%85%E7%9B%AE%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

タイトルを書く時のポイント

タイトルの文字数

タイトルは長すぎると全て表示されないため、せっかくのキーワードも意味がなくなってしまいます。

基本的にPCは「30〜35文字以内」スマホは「36〜41字以内」くらいだとタイトルが最後まで表示されます!

キーワードを絞る

タイトルを見てユーザーはサイトを選びますので、色んな単語を入れてしまいたくなりますが、上記でも紹介したとおり効果的な文字数がありますので、重要なキーワードをチョイスしましょう。

また、重要なキーワードほどタイトルの頭に持ってくるとユーザーの目を引きやすいのでオススメです。

ディスクリプション

ディスクリプションとは

メタディスクリプション(meta description)と言う、HTML形式のテキストでメタタグの一つです。

検索結果で、サイトやページのタイトルの下に概要を指し示すテキスト部分としてスニペットに表示されるため、クリック率に影響することからSEO対策としても重要な役割を持っています。

https://shop-pro.jp/yomyom-colorme/66366#:~:text=%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%80%81Google%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF,%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%8C%E6%9C%80%E9%81%A9%E3%81%A7%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%82

ディスクリプションを書く時のポイント

ディスクリプションの文字数

Googleでのディスクリプションの表示数はPCが120文字前後スマホが50文字前後と言われております。

ユーザー目線で考える

タイトルより適切な文字数が多いので、その分より詳細に分かりやすい内容を心がけましょう。

この時、ユーザーがどんなキーワードで検索をかけるのかを考えながらディスクリプションを作るとより効果的な内容にできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回はSEO対策として「タイトル」と「ディスクリプション」を書く時のポイントをご紹介しました!

普段書くことがない方も、ルールやキーワードをおさえてSEO対策を向上させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました